【オーリー】ノーズを押す、その前に。

オーリーで、ノーズを押せてる人と押せない人との違いについて考えていたところ、ちょっと気づいたことがあったので少し書いてみます。

押したいのに押せない!押そうとしてるのに足が動かない!そう思いながら練習している人はたくさんいると思います。

 

ノーズを押せてない人を見ていて思うのが、そもそも滞空時間が足りていないということ。ちゃんと弾いて擦り上げて、板は浮いているものの、ノーズを押す時間的/空間的余裕がなくすぐに着地してしまう。

これは何が悪いのかというと、板が浮こうとするのを、その上にある体が邪魔してしまっている。板は浮いているけど、体が浮いていないということです。

◎体が浮いていない人は…
・腰の高さが直立時と変わらない
・膝がやたら鋭角
・ノーズまで擦り上げるだけで精一杯で、擦り足がうまく使えない
・板がそれ以上上がる空間がない

◎体が浮いている人は…
・腰の位置が高い
・擦り足を軽く上げるだけでノーズまで到達する
・動作がふわっと軽い
・板がさらに上に行くだけの空間がある

 

極端ですが実際に動いて再現してみました。

練習初期のオーリーは後ろ足だけでジャンプしようとする傾向にあり、そうすると体も腰もほとんど浮かび上がりません(前足を振り下ろしがちです)。腰が上がっているのと上がっていないとではフォームに違いが生まれ、体の使い方が変わってしまいます。

 

Advertisement

 

ではどうすればいいのか。

ここからは過去記事でいろいろ書いてきたことの焼き直しになりますが、、

そこらへんでちょっとジャンプしてみてください。体も腰もふわっと浮きますよね。とにかくその感覚でオーリーできるようになることです。オーリーが高くても低くても、滞空時間(弾き音から着地音までの間隔)がジャンプの時とほぼ同じなのがわかるでしょうか。

弾き足だけで跳ぶのではなく、両足で体を持ち上げて跳び上がるようにします。思いっきりジャンプして力いっぱい弾く!ということではありません。必要なのは力ではなくタイミングです。

【オーリー】タイミングを掴む

 

不思議なもので、中途半端なオーリーというのは、テールを弾いた時点での腰の位置以上に腰が上がるということがないんです。なので、弾く前にできる限り伸び上がり、腰の位置を上げてから弾くようにします。

 ハイオーリーで知られるカツヤさんが薦める練習方法。前述したとおり、弾きと擦り上げだけで(=足の動きだけで)板を浮かすのではなく、自分自身が跳ぶように意識します

感覚としては、前足を上げて後ろ足を伸ばしたままの姿勢で真上に“ビヨ~~ン!”と跳ぶ感じ。この練習法は僕も強くお薦めします。

 

コンマ1秒以下の世界ですが、オーリーは体を浮かす→板を浮かすの2段階で跳びます。スロー動画を見ても明確に2段階に分かれては見えず、境界は曖昧です。はじめは訳が分からないと思いますが、練習を積むことで実感し、分けて考えられるようになってくると思います。

 

Advertisement

 

板だけを浮かしてきた人にとっては、これまでやってきたオーリーとタイミングが変わってしまうので戸惑うかもしれません。それでも滞空時間を確保しなければ、ノーズを押す余裕は生まれてきません。逆に、十分な滞空時間さえあれば、押す動作自体はそんなに難しいものではない(かもしれない)です。

 

見方を変えると、オーリーというのはジャンプして上昇しようとする自分の体に、弾いて擦ることで板をついてこさせると表現したほうが近いのかもしれません。

主役はあくまで跳び上がる自分自身、板は脇役的な(それでも板を浮かさないと様にならないので、弾いて擦る練習は必死にやらなきゃなのですが…)

もしかしたら、弾いて擦ることを意識せずともできるレベルになって初めて、自分自身のジャンプを意識できるようになるのかも?しれませんし。

 

 

◎今回書いたことは、ひたすらコーンを跳び続けるうちに自然とできるようになってくることではあります(自分がそうでした)

ですが、いつまでも板だけを浮かせ続けてクセになってしまう人や、うまくオーリーできないままフリップグラインドの練習を始めてしまい路頭に迷う人がいたりするので、少しでも役に立てばと思った次第です。

よかったら参考にしてみてください。

 

written by @Takkks.

 

関連記事
【オーリー】ノーズを押すタイミングは?
【オーリー】弾いて擦って終わり?
【オーリー】タイミングを掴む