ロックンロール ROCK ‘N’ ROLL

インターフェイキーでコーピングにロックした状態から、後ろ足を軸に腹側にターンしてメインスタンスで滑り降りるトリックです。文字にするとたったそれだけなんですけど、やってみるとなんと恐ろしい技なのでしょう…。

 

 

Advertisement

 

 

 【ロックしたときに上半身を捻る】

まずはコーピングに垂直にエントリー。ターンするからといって角度をつけたりしないこと。そのままインターフェイキーの要領でロックするんだけど、掛ける直前くらいからターンするための先行動作として、お腹側に上半身を捻っていきます。具体的には、ロックしたときにコーピングと両肩のラインが平行になるくらい。

このときに怖がって足元付近を見ないように。視線は捻った先=ターンした後に滑り降りて進んでいく方向へ向けてやるなにげに大事なポイントです。

 

【体の軸は板に対して常に直角】

インターフェイキーでも書きましたが、トリック中は常に板に対して体が直角に立っているように。インター〜と違って体を捻って回転する動作があるので上体が不安定になりがちだけど、回転軸も直角でいられるように。頭はもちろんコーピングを越えず、R面に残したままです。

 

【重心は後ろ足】

これもインターフェイキーと同じなんですが、はじめのうちはロックしたときに前足に体重を乗せすぎると怖くてターンできません。後ろ足重心で軽くコーピングにロックしたら、前述の内容を意識しつつ後ろ足を軸に「えいやっ!」とターンしてみてください。

 

 

はじめは不格好なロックンロールしかできません。何度も何度も繰り返して、体に覚えさせていくことでかっこいいロックンロールに近づいていくと思います。

 

written by @Takkks.

 

関連ページ
インターフェイキー INTER FAKIE
キャブロックtoフェイキー CAB LOCK to FAKIE