ノーコンフェイキービッグスピン 練習メモ

ノーコンプライ版フェイキービッグスピンの練習メモです。

クオリティーもメイク率も低いのですが、現状で練習しながら思ったことを書き出してみようと思います。

 

 

 

Advertisement

 

 

いきなり挑戦してもワケがわからないと思うし、そもそもパッと見て何をやっているのかわからないかもしれません。

動作を分解して動きを理解し、段階的に練習していきます。

 

 

 

フットポジションは正直まだ定まっておらず、ノーコンではないフェイキービッグスピンに近い形でやっています。

 

▲ テール足はつま先を出さないほうがいいのかも?しれません

 

 

 

① フェイキー(ちょいポップ)ショービットを習得

 

上の動画にはありませんが、フェイキーショービットよりやや大げさに屈んで、軽くテールを当ててポップできると次につなげやすいと思います。

高さはいりませんが、多少体のふわっと感は欲しいです。

 

 

② ノーコンフェイキーポップショービットを習得

 

①の動作をノーコンでできるようにします。

軽く跳びつつテール足で板を回し、ノーズ側の足を地面に下ろし、また板の上に着地します。動画をよく見てリズムとタイミングを把握してください。

頭を固定し、前足はやや手前(背中側)に下ろすとよさげです。

 

ノーコンフェイキービッグスピン
▲ 頭の真下にある板を避けるように、足を手前に下ろします

 

テール足は、通常のショービットポップショービットの回し方が違うように、この場合もテールをしゃくるというよりも、真下にテールヒットするようにします。

やや大げさに屈み、伸び上がりながら、テールは真下、自分は高めに跳ぶように意識しています。板がその場で回る弾き方を探してみてください。

着地はテール側の足から乗せにいきます。

 

 

③ キャブ回転のドライブ練習

 

体の回転軸がテール足(フェイキー進行方向側の足)となるため、ハーフキャブ回転のドライブを練習するといいです。

上の動画では180°ドライブさせていますが、90°とかでも大丈夫かと。

 

 

Advertisement

 

 

④ 体をひねりつつフェイキーポップノーコン

 

いよいよノーコンフェイキービッグスピンに挑戦です。

自分は捻りを入れ始めた途端に上半身も下半身も板も暴れ出し、今までの積み重ねは何だったんだというくらいメイクできず笑、根気よく続けるしかありませんでした、、

 

試行錯誤する中でわかってきたのが、やはり上半身の先行動作の大切さです。

ノーコンではないフェイキービッグスピンでもそうなのですが、上半身をある程度回してから板を回すモーションを入れるということに尽きます。

 

 

「まずは90°捻ろう」と意識しても、実際は60°くらいしか捻れないものです。であれば初めから120°捻る意識を持てば、90°くらいは捻れたりします。

腕なのか肩なのか胸なのか目線なのか、意識するところは人それぞれかと思いますが、しっかり捻りきってから打つというか…

 

そうすると全体的に回転力が生まれ、うまく足を乗せることができれば半自動的にドライブがかかったりします。このドライブが“かかってしまう”状態が理想です(これがまた気持ちいい)

先行動作がうまくいってないと、やや力づくで板を回す感じになり、無駄な力が板や体を暴れさせます。うまくできていると、本当に先行動作+ノーコンフェイキーポップという感じで自然と回し切ることができるんです。

* 上半身を振るからといって、あまり大きく腕を逆側に振りかぶらなくていいと思います(動画では振っちゃってますが…)

 

 

あとはとにかく打ちまくることです。

初めは全身ガチガチで上半身も下半身もあったもんじゃないと思いますが、だんだん無駄な力が抜けてくると思います。板のコントロールもできてきます。

 

 

 

このトリック、ノーコンのタイミングや板のコントロールがわかってくるまでは、本当に何がやりたいのかわからない人みたいになります笑

自分もまだまだ体が動作を覚えていないので、練習するたびにそんな感じです…

メイク率上げてきたいと思います。

 

 

written by @Takkks.