膝終了のお知らせ 〜超低空スケーターへの道/小技盛り合わせ〜

今回はほぼ個人的な「ブログ」です笑

 

10年ぶりにスケートボードを再開して4年半ほど経ちました。日々楽しく夢中で滑ってきましたが、1年半ほど前から膝(特に前足)に違和感を覚え始め、昨年くらいから結構な痛みに変わってきました。

 

 ▲このあたりでちょっと痛めたかも…?(力んでるなー)

 

滑る前後のケアに気をつけたり、サポーターをしたり、痛み止めを飲んだりと騙し騙し滑ってきましたが、ここ数ヶ月はジャンプそのものが辛く、思うようなオーリーができません。

気温の低さも関節にこたえるので、冬の間は弾くようなトリックを控えたりとかして。

 

 

Advertisement

 

コンディションの波はあるにせよ、板に乗り続ける限りはあまり良くならないんじゃないかと感じています。

 

 

飛んだり跳ねたりするようなトリックは控えめにして、マニュアル、ノーコン、ボンレス、スラッピー、パワスラ、フリスタ、Rやランプにシフトしていったほうがいいのかなと…

キックフリップ的な派手さはないけど、がんばればできそうな(気がする)トリックって探せば山ほどあるんですよね。ちょっと書き出しただけで数十個は出てくる。ちょいつなげ技とかもあるし。

きっと膝が痛くなければ、フリップ練習を優先して一生手をつけなかったものばかりだと思うんです。

 

▲こんなんとか?

 

Advertisement

 

パッと見地味だし簡単そうなのに、やってみるとすごく難しかったり、でもそういうトリックに限って楽しかったり、挑戦しがいがあったり。

遊びの要素があったり、玄人感が出せたり、いかに板に乗れてるかが試されたり…なんせ小技っぽいのに難易度がぜんぜん小技じゃない笑

例えばバリアルフリップができてもそういう技はできないという人も多いかもしれません。

 

 

まだそんな跳べなくなるような年齢じゃないと思うんですけどね、、、

 

▲以前はこれくらいは問題なく跳べたんですけど

 

本音を言えばまた縦コーンも越えたいし、フリップも取り戻したいし、バンクtoバンクもガンガン跳びたいですよ。でもまあいろいろ重なって運が悪かったと思うしかないです。

 

 

Advertisement

 

いつもパークに行くと、みんなフリップをはじめ王道トリックの習得や精度アップに一生懸命です。でもSNSやYouTubeなんかを見てると、みなさん自分のスタイルで思い思いに滑ってることにちょっと勇気をもらえるというか、背中を押されるというか。

パークのみんなを(ちくしょう!うらやましいぞ!)と横目に見つつ、ちょっと個性的なトリックで目立てる存在になれたら最高です。

 

 

ただ、満足にオーリーもできないのに人にオーリーのアドバイスしにくくなるのがちょっとアレなんですよね…

できないやつのアドバイスほどウザいものはありませんから笑

 

▲走りながらできるように取り戻したいやつ

 

まあちょっと様子を見つつ、いろいろもがいてみようと思います。皆さんもくれぐれもお気をつけくださいね。

 

written by @Takkks.