ポップショービット POP SHOVE-IT

ショービットがきれいにできるようになっていたら習得も早いかと。まずは後ろ足で板を弾いて回して前足キャッチ(後ろ足は地面に着地)する練習から始めるのがいいでしょうかね。

 

 

【プチポップショービット(?)】

ショービットのしゃくる方向を水平ではなく、少し下方向に強めにテールヒットしてやると、なんちゃってポップショービットのようなことができたりできなかったりします。

 

 

Advertisement

 

 

【肩を前に開く】

ここから普通のポップショービットの説明。肩のラインを板と水平ではなく少し進行方向に向けて(開いて)やるといいらしい。キャッチした後、腹側に着地する現象(横跳び?)を防げるとか。

 

【後ろ足は背中(踵)側に引いて置く】

オーリーのスタンスを取り、後ろ足をさらに背中側にずらして置く。板から降りてテールだけ蹴って回す練習をしてみるとわかるけど、後ろ足をつま先側に寄せて置いて弾くとフリップ回転がかかりがち。逆に踵側に置いて弾くと水平なまま回りやすい気がする。

 

【前足を一瞬先に浮かしてからテールを弾く】

ショービット同様。板が前足に変な感じで絡むのを防ぐため。先に空中に逃がしてやると言ったほうが適切か。

 

【しゃくるのではなく、弾く】

これはよく言われてることだけど、その通り。わりと真下に弾く。さらに自分の場合、体はほんの少しだけ進行方向気味に跳びつつ、テールを進行方向に送るように弾いて回転をかける。弾いたら後ろ足を高く上げる。上げないと板の上に足が戻らない。

 

【自分がちゃんとジャンプする】

これもショービット同様。板の回転を目視できるだけの滞空時間で余裕を。

 

【頭は上下するだけ。重心をぶらさない。上半身固定。姿勢よく。軽く。】

重心と安定の話。前足と上半身を固定するイメージで、後ろ足だけで板を回す感じ。どのトリックにもいえること

 

 

最近は前足キャッチできるように練習中です。

 

 

Advertisement

 

 

+追記

前足キャッチのやり方として「前足を意識する」というのを読んだ。あまりに漠然としてて、なんだそれ?と思ったけど、自分は今までテールの弾きばかりを意識していたので、弾いたあとに「前足はここにあるぞ」みたいなことを意識してやるだけで、不思議と前足から乗れることが増えた。なんか、前足からキャッチするのって気持ちいいですね。

ただこれは、テールの弾きを意識せずともきれいに回せるようになってからやってみるのがいいと思う。前足も後ろ足もと意識しているとどっちつかずになるので、段階を踏んで、動きに慣れてからということで。

 

+追記

僕はいきなり両足で乗りにいく練習から始めて、それ故にあとになって前足からキャッチするスタイルの練習をしてるわけなんですけど。考えてみれば最初は前足だけでキャッチ(後ろ足は地面に着地)する練習から始めていれば、あとで変な苦労もせずにいられたのかなと顧みている今日このごろです。

 

+追記

少し動作に慣れてきたらフェイキーPOPにも挑戦を。ショービットといっしょで、じつはフェイキーのほうが簡単だったり。自分の場合は挑戦して一発でメイク。エアキャッチもしやすくて、独特の浮遊感を感じられて気持ちいいです。ちょっとした力で板が回せるぶん、テールをより意識的に真下気味に弾いてやることがポイントですかね。

 

▲弾き方を理解したらこういうのもやってみるといいです。

 

written by @Takkks.

 

関連記事
エアキャッチとかいうやつ
フロントポップの回し方