ノーコンプライF/S180 NO COMPLY F/S180

最初やってみたら何がどうなってるのかまったく理解できなかったトリック(みんな軽くやってるのに)。わからないなりにいろんなHowToを読むなどして繰り返しやってるうちに、あ、このタイミングかも、という瞬間がどんどん積み重なってきてできるようになった。できないからってすぐに諦めないことが大事なトリックかも。

 

他のHowToを見てても感覚的なことばかりなので、自分なりのやり方をなるべく言葉にしてみた。止まってやるのは動作の確認だけにして、ゆっくりでも進みながら練習したほうがいいかな。

 

 

Advertisement

 

 

【手順】

 

1. 膝や全身を軽〜く曲げて屈む

全身がクッションでありバネである。一連の動作中に膝がピーンと伸びたりしないようにする。全身の力を抜いてリラックス。

 

2. 腕と肩をF/Sに振って上半身から回す

先行動作。上半身を回す→板を回すの2段階で回っていく。

 

3. 前足を板から外し、前重心で地面に着ける

降りたときに後ろ足重心になったり、体が横や後ろへ捲られてはいけない。常に体は前傾姿勢。着けた前足の膝は少し曲がった状態がいい。

 

4. すぐに後ろ足でテールを弾く

板に横回転をかけるから横方向にしゃくる感じで回したくなるけど、ここはポップショービットのようにわりと真下に弾きつつ、弾いて少し浮いたテールを前へ送るイメージで回していく。いい感じに弾き音を鳴らす。弾く強さをいろいろ試してみる。ほどよい強さで。板が裏返ったり進行方向に飛んでいくのは強すぎるせいかも。◎正確にはフロントポップの回転方向ですね。

 

5. 後ろ足でわりとまっすぐな軌道でテールを前へ送る

板が回転するからといって円を描くように後ろ足を動かす必要はないかもしれない。あとテールが足から離れないように。僕はかかとで送っている。

 

6. 浮いてきたノーズは股下を通す

テールを真下に弾いて回すとノーズが浮いてくる。板は真横の回転というよりは、軸が傾いた斜め回転(テールが低くノーズが高い軌道)になる。回すときにノーズで前足のスネを打つ人は、テールをしゃくって真横回転をかけてるから。真下に弾いてノーズが少し立ってくれば股下を通せる軌道になる。

 

7. 軽く膝を曲げた状態で地面に着けていた前足を伸ばすように地面を蹴り出して、体ごと板に向かって進行方向へ跳ぶ

 

8. 後ろ足(前に送ったテール側の足)着地

 

9. 前足(後ろに行ったノーズ側の足)着地

 

これだけの内容を一瞬の動作のなかに流れるように取り入れていると思う。最初はぜんぜんできない。止まったまま一つ一つ分解しながら確認していくのもやはり必要かも。一つ一つをつなげて一連の動作にしていくような。

 

Advertisement

 

【デッキの真上で肩を回す/デッキは頭の真下】

頭(=重心)が常に板の上にあることを意識する。足を地面に着けたからといって頭の位置までブレないように。動作中はどちらかの足に長時間強く体重が乗ることはないかも。一瞬なので。

 

 

最近は少しスピードを出してみたり、小さな段差を飛び降りてみたり、バンクをのぼってノーコンプライで反転して滑り降りたりしている。リバートとかもできるようになりたい。着地したときに前にくる足がビスよりちょっと前にあって、そこを軸にドライブするような感じか…(ドライブできないマン)

 

written by @Takkks.