バンクなど斜面での姿勢

下り坂、上り坂、斜面、バンクtoバンク、ランプやR面、ボウル。最初はちょっとした傾斜でさえびびっちゃうし捲られて転んじゃう。

 

Advertisement

 

【たった2つのポイント】

 

・前足と後ろ足に均等に体重をかけること

・斜面(板)に対して自分が垂直に立つこと

 

2つめのポイントについて。フラット面(水平面?)に対して垂直に立つのではなく、あくまで斜面に対して垂直の姿勢。直角。90°。例えば下り坂でフラット面に対して垂直に立っちゃうと自然と後ろ足に体重がかかって捲られて転んでしまう。この場合は前傾姿勢になるのが正解。常に板と自分が逆Tの字であること。

 

 

・あとはすこし膝を曲げて重心を落とし、バランスを取りやすい姿勢を

 

慣れてきたら姿勢や重心を変えて加速したりいろいろできるようになってきます。

 

最終的にはR面へのドロップインに通じる話です。ドロップインもはじめは怖すぎて後傾になってしまって捲られてステーンといっちゃう。勇気を出して両足に体重をかけてR面に垂直の姿勢をとって降りてみるとうまくいきます。

 

written by @Takkks.